サムイ&バンコク旅行記②Akyra Chura Samui*アキラチュラサムイに到着

d0337598_20165400.jpg
サムイでは2か所のホテルに泊まりました。まず最初にチャウエンビーチを北上した上り坂の途中にあるアキラチュラサムイに3泊。
アキラチュラサムイは、タイのプーケットやホアヒンにあるアリンタ・リゾートのAHMSホテルズグループのひとつ。
前に同じグループでサムイにもアカリン・サムイというホテルがあったのですが、そこは今ではアウトリガーにリブランドしています。
AHMSホテルズのグループと言っても、アキラチュラサムイはアリンタに比べたら価格も安くかなりカジュアルなホテルなので、あまり大きな期待をせずにチェックイン。


以前あったらしい日本料理レストランや日本酒バーの名残りかな?と思わせる湯飲みに入ったウェルカムドリンクは冷たい柑橘系の飲み物でした。冷え冷えのおしぼりもありがたい!
d0337598_20174230.jpg


ビーチに向かって2本伸びる通路の両側に2階建ての建物が並んでいます。サムイ島によくあるベージュ色の岩があちこち突き出ているテラスや庭がある部屋もありました。
d0337598_20183746.jpg


私達の部屋は、フロントやレストランがある建物にいちばん近い側の2階です。この写真の左上の部屋。
d0337598_20184056.jpg


真ん中に階段があって、左右の部屋に分かれています。私達は左側の218号室を使いました。予約時にお願いしていた通り、姉の部屋はお隣さんです。先にチェックインしていた姉が隣通しの部屋かどうかちゃんと確認していてくれたので良かったんだけど、姉の部屋のテラスは三方向が木の柵になっているのはいいけど、見上げるとレストランの座席があるので、ほとんどテラスで寛げなかった&カーテンを開けなかったと言っていました。
d0337598_20184399.jpg


予約したのはいちばん安いグランドデラックス。グリーンホリデーさんのお得なプロモーション価格で予約です。
無機質なコンクリートと木を使ったシンプルなお部屋。ベッド側の窓は開きませんが、テラス側の掃出し窓は大きく開きます。
窓の向こうに大きな木があるので多少の目隠しにはなるけれど、お向かいさんのテラスからも見えてしまうので、薄手のカーテンをずっと閉めていました。
d0337598_20185670.jpg


ベッドもシーツも枕も問題なし。変なにおいもなく毎晩ぐっすり寝れました。この写真だとお向かいさんのテラスがよく見えるね。
d0337598_20190137.jpg


ドンディスタブとルームクリーニングはこの袋の色でメッセージ。片側が青で、反対側が赤になっています。
d0337598_20190831.jpg


ベッドの前にはカウンターとTVとDVDデッキ。日々遊びに夢中でまったく見ませんでしたが写りは良かったはず。
d0337598_20191381.jpg

ベッドの片側にだけサイドテーブル。この写真を見ると緑のライトにぎょぎょぎょ!(notさかなクン)ってしますが、滞在中は全然気にならなかったな。
d0337598_20191744.jpg


寝ころべるサイズのソファとローテーブルもあります。この部屋で寛ぐことはほとんどなかったので、リビングとしては全く使っていなかったのですが、スーツケースのアンパッキング&パッキングの時に威力を発揮w
d0337598_20194476.jpg


壁の額縁の絵も主張し過ぎてない感じが好印象。さすがAHMSホテルズのセンス。床はコンクリートなので冷たいです。セントレアホテルからスリッパ持ってきてよかったw
d0337598_20201358.jpg


テラス側の掃出し窓は大きいのです。テーブルと椅子が1個とデイベッドがひとつ。天井にファンがあるのと、木の床なのはいいね。
でも椅子は2個欲しいし、デイベッドももう少し大きければいいなと思いました。
d0337598_20202647.jpg
d0337598_20203446.jpg

両サイドは木の柵なのですが、目の前は隣の部屋の壁。開放感はないけど、気兼ねなくカーテンを開けっ放しにして部屋を使えたので逆にこのタイプで良かったです。
d0337598_20203831.jpg

バスルームにはダブルシンクの洗面台とシャワーとトイレがあります。ここはちょっと難ありでした。
施工時の不具合のせいで、蛇口のノブが反対に取付けしてあったり、お湯と水の区別がわかり辛かったり、シャワーの水はねが広範囲に飛び散ったり。このあたりはお値段なりかな~と。特にクレーム出すほどじゃないので工夫しながら使っていました。
d0337598_20204818.jpg
d0337598_20210492.jpg
d0337598_20210837.jpg


シャンプーやコンディショナーのボトルはチープなんだけど、使用感は悪くないのでそのまま使っていました。
d0337598_20211347.jpg

お水のボトルは毎日2本セットされます。ボディローションと丸めたコットンと綿棒、オレンジ色の丸いのは石鹸。
d0337598_20211698.jpg


オンザビーチのホテルなので、姉も一緒にビーチを散歩しました。前に泊まったメナムビーチのサリーサムイやトンサイ湾のトンサイベイよりも、海水が透明感あるし砂が白くてきれい。
こちら側からだとサンセットは見えないけど、夕暮れ時の海もいい雰囲気です。
d0337598_20213854.jpg


ビーチ側にこんな素敵なテーブルが用意されているので、このままここで飲んじゃう?って一瞬思ったけど、いやいや~せっかくチャウエンビーチ寄りのホテルに泊まってるんだから出掛けようぜ!って、日本から来たおじさん&おばさん×2はマーキング活動に出発することにしました。
d0337598_20214415.jpg


ホテルカーがあるからそれに乗ろうとスタッフに言ったら「ソンテウの方がいいよ!ここからだったらひとり50バーツで大丈夫だからー」ですってよ。どうもホテルカーにスタッフがひとり出ちゃうと、残ったスタッフでホテルの仕事をせなあかんらしく、ホテルカーはいつも断られるパターン。車はちゃんとあるけどな。
そのあたりの微妙な空気を読んで「じゃソンテウで行くよ」って言うと、はりきって道路に出てソンテウ捕まえて行き先&値段交渉してくれるフロント女子スタッフは他の手配の時もテキパキと対応していて好印象でした。

ホテルから急な坂道を飛ばすソンテウからの景色。ちゃんと手すりにつかまっていないと転げ落ちちゃいそうでビビる。
d0337598_20220338.jpg

・・・で、マーキング先はセントラルフェスティバル~~。すみません。知らん人が写ってしまいました。
d0337598_20224578.jpg


まずは先に夕飯にしよう!って行った先はお約束のMKレストラン。どんだけ好きなのよ~~って話。
まずは旅の始まりと再会を祝って乾杯ね。
d0337598_20222659.jpg


タイスキは野菜セットにちょいちょいプラスしてオーダー。私達のテーブル担当のおねーちゃん(たぶん娘より若い)推しのダックとポークも一緒にオーダー。
d0337598_20223021.jpg
d0337598_20223344.jpg


ここでは各自そこそこのはじけた買い物っぷりを発揮。私なんか機内にユニ▲□のカットソーカーディガンを忘れたので、ほぼ同じデザインの物をサムイのユニ▲□で買うと言う。しかも日本より高く。この日は週末だから日本で買えばもっと安かったのかも知れないのに~~。(バカバカ)

TOPSでお土産的なものとか、タイの調味料とか、マンゴー(たぶんこのホテルの朝食には無いと判断←正解)とかを買って、ハーゲンダッツでマンゴーのアイスクリームを食す。ああ、しゃーわせ♥
d0337598_20223926.jpg


セントラルフェスティバルにいらっしゃった王様にご挨拶をしてからソンテウでホテルに戻ります。5分ぐらいで着くから歩いてでも行けなくもない距離ですが、夜だし荷物多いしちゅうことでソンテウです。
d0337598_20224823.jpg


ホテル前で降ろしてもらったんだけど、ふとホテルの前を見たらマッサージ屋さんがあるでないの。しかも評判がいいマイフレンド‼やらない理由はないでしょう。3人でホテルに戻る前にここでマッサージをすることに。
私と姉はフット&バック&ショルダー、旦那様はタイマッサージ。
気持ち良さにものの数分で寝落ち。終わった後は、移動の疲れが溶け落ちたように体が軽くなりました。
こんなに上手な(しかも安い)マッサージがホテルの目の前にあるなんて、最高のロケーションのホテルを選んだ俺グッジョブ!
私達が最後のお客さんだったので、マッサージが終わったら速攻帰り支度をするおば様達(たぶん私より若いが)
気持ち良かったよ~ありがと~。
d0337598_20230348.jpg


部屋に戻ってシャワーを浴びてベッドに寝転がったら、1,2,3,,,,,,で夢の中。初日からMKに買い物にマッサージと盛りだくさんでお送りしてまいりました。
明日はプールとビーチで焼き焼き&ほげほげしないとね。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by travelml2 | 2016-08-31 22:55 | 2016年7月サムイ&バンコク | Comments(0)

NO TRAVEL + NO LIFE +++


by travelml2